不安だらけの遠距離恋愛!うまく続ける3つのコツ

Hot Keyword

恋人との関係がうまく行き、結婚も考えていた矢先の転勤・転職で遠距離恋愛をすることに。

新しい生活に慣れるだけでも大変なのに、恋人と好きな時に好きなだけ会えなくて、悲しくなったり不安になったりしてしまうのが、遠距離恋愛のツライところですよね。

ですが、遠距離でもうまくやっていける方法はあります。今回は、誰もが不安だらけになってしまう遠距離恋愛をうまく続けていくコツを紹介します。

 

遠距離恋愛を続ける3つの方法

 

一体どうすればツライ遠距離恋愛を前向きに、うまく続けられるのか、3つの方法を紹介していきましょう。

 

①相手を信頼すること

 

1つ目の方法は相手をどんな時でも信頼することです。

遠距離恋愛に直面するカップルが不安に思う原因の第1位、それは男女ともに「浮気」です。

今、この記事を読んでいるあなたも、もしかすると恋人の浮気をいちばんに心配しているかもしれません。

確かに離れて生活していると、相手が今どこにいるのか、どうしているのかを常に把握するのは難しい。そうなると、相手の行動や心の変化がすぐにわからないため不安になり、中にはひとりでネガティブな妄想へ引き込まれてしまう人もいるでしょう。

ですが、起こってもいないことを心配するのは、あなたの時間や心の無駄使いになってしまいます。

不安で落ち込んだり、疑ったりするのではなく、恋人を信頼し、また信頼しているということを言葉や行動でしっかりと伝えましょう

そうすれば相手も信頼してもらえているんだなと安心し、同じ気持ちで信頼しあえる強い関係を築くことができます。

 

②ネガティブになりすぎないこと

 

直接会って話すときと違って、電話やメールでの会話では気持ちが伝わりにくいことがあります。ですから、電話やメールではネガティブな話題になりすぎないように

とくに普段から無意識に出てしまう仕事のグチや、会えない寂しさからくるネガティブな言葉も、なるべく少なめにしておきましょう。

その代わり、その不安を可愛く優しい言葉に変換して、いっぱい甘えてみるようにしてください。

また会話の中で私、私とならないよう「あなたに変わったことはない?」と、相手の気持ちを思いやることも忘れずに。

彼や彼女の「遠距離ってしんどい」という気持ちではなく「早く会ってギュッとしたいな」という気持ちを膨らませることが大切です。

 

③次のデートプランを立てること

 

遠距離恋愛でなかなか会えないもどかしさや、寂しさを吹き飛ばすためには、次会えたときのプランを立てることがおすすめです。

話題のレストランや、一緒に行ってみたい面白そうなスポットなど、ふたりで行きたいところ、そして思い切り楽しめそうなアイディアを提案し合いましょう。

そうすれば、お互い楽しみが増え、次会えるまで頑張ろうと前向きになれます。

また、ひとり時間を楽しめる趣味を見つけたり、資格に挑戦してみるのもいいですね。会えたときにその趣味をお互いにシェアしたり、一緒にチャレンジしてみるのも楽しみのひとつになるでしょう。

 

お互いのキャリア=ふたりの将来のため

 

いくらポジティブに頑張ろうと思っていても、遠距離恋愛は決して簡単な恋愛ではありません。

ですが、転勤や転職はキャリアを高めるために必要なターニングポイントのひとつ。つまり、この遠距離恋愛はふたりの将来の骨組みとなるものなのです。

だからこそ、遠距離恋愛をなるべくポジティブなものになるよう、そしてひとりの時間を上手く使い楽しむように心がけましょう。

ツライ時間だからこそ、ふたりの力で乗り越えた将来がどうなっていくのか、想像してみてください。なんだかワクワクしてきませんか。

 

まとめ

 

恋人と離れてしまうことは本当にツライですが、相手を信頼し思いやることを忘れないようにしましょう。

また、ひとりの時間が増える遠距離恋愛中は、自分磨きのチャンスでもあります。次に会えたとき、一緒に楽しめることを見つけたり、成長した自分を見せられるよう時間を有効に使いましょう。

そして、ネガティブな言葉は少なめに、この期間でふたりの将来の骨組みを作るんだと、お互いがなるべくポジティブな気持ちになれるよう心がけて、遠距離恋愛を乗り切ってくださいね。

 

執筆ライター:mino(ライター・編集者)

結婚情報誌編集部、結婚情報サイト編集長などを経て、独立。これまでに約300組の新郎新婦、200件以上の結婚式場を取材した経験がある。

Hot Keyword

関連記事

ランキング