Web招待状が便利なワケ

Hot Keyword

少し前までであれば、結婚式の招待状は紙と相場が決まっていました。しかし、最近、Web招待状が増えてきているのをご存知でしたか?

Web招待状のメリットや実際にもらった人がどのような感想を持ったのかを取材しました。招待状を紙にすべきかWebにすべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。

 

Web招待状ってなに?

 

 

Web招待状は、パソコンやスマートフォンから招待状を送信するシステムです。Webで送るため、住所を知らない人にも招待状を送ることができます。

送信方法はいたって簡単。

新郎新婦は専用サイトやアプリを通して、結婚式の場所や日時をWeb上に公開して、招待したい人にURLを送信するだけ。

ゲストは、URLにアクセスして、出欠や連絡先、新郎新婦へのメッセージを記入します。

メール以外のLINEやSNSでのグループ送信も可能です。

また、専用サイトやアプリを使えば、早い人だと数十分もあればWeb招待状を作れてしまいますよ。

 

Web招待状のメリット

 

実際に結婚式にWeb招待状を使った花嫁が挙げた代表的なメリットには、以下のようなものがありました。

 

費用が安い
出欠管理が楽
当日の忘れ物の心配がない

 

最も多くの花嫁がメリットとして挙げたのが、費用の安さです。紙の招待状は1通あたり400円から500円が相場。一方、Web招待状は無料で使えるサイトが多数存在します。

また、紙の招待状の場合、Excelなどのソフトで改めて出欠管理表を作成する必要があります。Web招待状だとサービス内で、ゲストの出欠を一元管理できます

さらに、ゲストは結婚式の場所や時間をスマートフォンからいつでも確認することができます。ゲストが招待状を家に忘れたり紛失したりといった心配がない点も、多くの花嫁がメリットとして挙げていました。

 

失礼と感じる人は意外に少ない

 

Web招待状は失礼にあたらないかが気になる人も多いのではないでしょうか。しかし、失礼だと思う人はあまり多くないようです。

20代から40代の女性約500人に対して行ったあるアンケートによると、Web招待状を失礼だと思った人の割合はわずか2.3%。意外なほど少ないと思いませんか?

Web招待状と紙の招待状のどちらでも良いと回答した人は46.3%。紙の招待状よりWeb招待状の方が良いと回答した人は34.7%でした。紙の招待状の方が良いと回答した人は19.0%と少数派です。

上司など目上の人へWeb招待状を送るのが気になるという人は、同僚や友人はWeb招待状、上司は紙の招待状といったように人によって分けても良いかもしれませんね。

 

実際にもらった人はどう感じた?

 

 

実際にWeb招待状をもらった人はどのような感想を持ったのでしょうか。Web招待状をもらった経験のある4人の方にお話を伺いました。

 

20代女性

 

「返信はがきを書いて投函する手間が面倒で、紙の招待状の返信はいつも期限ギリギリになっていました。Web招待状は、いつでも返信できるのがとても楽でした」

 

30代女性

 

「私がもらったWeb招待状はふたりの写真がいっぱい使われていて、とても可愛らしいデザインでした」

 

40代男性

 

「もらった招待状を捨てるたびにいつも罪悪感がありました。Web招待状であれば捨てなくていいので気持ちが楽ですね」

 

30代女性

 

「私はこれまで出席した結婚式の招待状はすべて取ってあって、後から眺めて“ああ、この時の結婚式はこうだったな”と思い返しています。手元に残らないことは少しさみしい気がします

 

招待状を捨てなくていい点にメリットを感じている人がいる一方、「Web招待状は少しさみしい」という意見もあるようです。

 

まとめ

 

結婚式準備にかかる労力や費用を抑えたい人にとって、魅力がいっぱいのWeb招待状。もらった人の声を聞いてみると、ゲストにもメリットがたくさんありそうですね。

日常的に、紙でのやり取りよりもSNSなどインターネット上でのやり取りが多い人が大多数の世の中、今後は、紙の招待状ではなくWeb招待状が当たり前になっていくかもしれませんね。

 

執筆ライター:高野理恵 (ディレクター・エディター・ライター)

女性ファッション誌や男性ファッション誌の企画・編集・執筆を中心に、料理本や実用情報誌、子育て情報サイトなど幅広い分野に携わる。

Hot Keyword

関連記事

ランキング